ノーザンライツ (新潮文庫)

4.12
  • (98)
  • (77)
  • (66)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 685
レビュー : 53
著者 :
mario3さん  未設定  読み終わった 

古本市で見かけて、縁があったので購入。
星野さんの本は、旅をする木に続いて2冊目。
ようやくこの人の写真をみることができた。
旅をする木はなぜか写真が無かった。。。


内容は、まあ、アラスカへの愛、と開拓者たちの横顔といったところ。
文がうまく、内容もすごいのだけど、ロマンチストのナチュラリストたる星野節満載、という印象もあった。
自分のことはほとんど触れずに、アラスカの友人たちのことを書いているためか、ふわっとした印象を受けた。

核実験場に選ばれていたことは、今回はじめて知った。

生まれは白人だが、中味は完全にアラスカの人という友人が分断に苦しんでいる、という話が印象深い。
タクシードライバーの人生。

レビュー投稿日
2019年12月19日
読了日
2019年12月19日
本棚登録日
2019年12月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする