オウリィと呼ばれたころ―終戦をはさんだ自伝物語

著者 :
  • 理論社 (2014年10月1日発売)
4.23
  • (12)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 9

コロボックルシリーズの童話作家、佐藤さとるさんの自伝。ルーツは旭川の剣淵なんですね、素敵な絵本の図書館があるところです。太平洋戦争時代に少年時代を過ごし、戦後の混乱の日本を進駐軍のところでバイトをしながら大学に通い、たくましく生きる青春時代。食べ物もなく貧しい時代なのに悲壮感がなく引き込まれました。オウリィはそこで付けられたあだ名です。フクロウ少年?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年12月23日
読了日 : 2014年12月23日
本棚登録日 : 2014年12月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする