地獄変 (集英社文庫)

3.69
  • (83)
  • (111)
  • (178)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1051
レビュー : 121
著者 :
マルメロさん    読み終わった 

青空文庫でよみました。
なんともどう解釈したらいいのかわからんのですよ。

元々殿様に仕えている人という、フェアな立場ではない語り手の言う事をどうしても鵜呑みに出来なくて、何度読み返しても殿様が一番酷いと思うんですよね。。
懲らしめるためにって言ったって、娘に火をつけたのは殿様なのですから。

殿様を立てなければならない立場でありながら、ところどころこっそり殿様への不信を忍ばせているようなところもあるんですよね。
はっきりとは書いてないけど、車を燃やそうとした御所では妹が化けて出る噂があると、そんな化けて出るような死に方をしたということを暗に示唆していたり。
まるで遠まわしに断罪しているようだなと思うのです。

でもそうなると良秀が夢の中で娘が地獄に行く事を知っていたのはなんだったんだろうなと。
そんな罪をあの娘が負っていたのかと。それを父親が知っていたのかと。
もしくは父親が関わっていたのかと。

娘があの夜、会っていたのが誰ととるかで、この話は変わるのよね。
殿様か。父親か。はたまた第三の男か。

とまあ、こうやってぐるぐる考えられるのが面白いってことなのかな。間違いなく名作だと思います。

レビュー投稿日
2013年4月13日
読了日
2012年8月12日
本棚登録日
2013年4月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地獄変 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『地獄変 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする