姜尚中の政治学入門 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社 (2006年2月17日発売)
3.21
  • (8)
  • (41)
  • (123)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 489
感想 : 52
4

タイトルに「政治学」と書いてありますが、現代国際社会および、その中の日本について考えるための入門書、とも言えるかもしれません。思想史的なアプローチや、いわゆる「古典」を紹介しながらの論考がよいところだと思いました。「です」「ます」調で書かれており、読みやすいという点もいいところです。
個人的には、最後の「あとがき」で展開される、「人文科学は役に立たない」という認識に対する著者の反駁に共感を覚えました。
(読了:2006年7月4日)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 人文社会科学
感想投稿日 : 2019年8月12日
読了日 : 2019年8月12日
本棚登録日 : 2019年8月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする