忘れ得ぬ翼 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店 (2001年7月25日発売)
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 4
5

 先の戦争で心ならずも生還した飛行機乗りたち。彼らの戦中と戦後を淡々と描いた、城山三郎の傑作短編集である。
 青春時代がそのまま戦争という時代、常に死が己の側に寄り添っていた時代、それでもじいさまたちが大空で感じた自由の濃密さ。だらだら生きている俺たちには、どうあがいたって経験不可能な境地を彼らは生き、あるいは死んでいったのである。
 あの青春の続きに、いまのこのふやけきった、それでもまだ幸せな日々がある。そのことに思いの至らないバカの、なんと多いことであるか。俺にだってわかるというのに。なあ兄弟。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年5月6日
本棚登録日 : 2007年5月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする