日本的感性―触覚とずらしの構造 (中公新書)

3.48
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 12
著者 :
maru-ttoさん 文化・芸術・言語   読み終わった 

日本的感性とはどういうものかを考察した本。
和歌を題材に考察し、その特性である「ずらし」と「触覚性」を明らかにする、非常に学術的な本。

レビュー投稿日
2014年4月1日
読了日
2010年10月3日
本棚登録日
2010年9月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本的感性―触覚とずらしの構造 (中公新...』のレビューをもっとみる

『日本的感性―触覚とずらしの構造 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『日本的感性―触覚とずらしの構造 (中公新書)』にmaru-ttoさんがつけたタグ

ツイートする