大きな赤いリンゴの地 (新大草原の小さな家 3)

  • 講談社 (1995年11月20日発売)
3.79
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 5
3

母親のローラが娘のローズに語り聞かせる、という形を取って
インガルス一家の物語の内容がちょこちょこと挟み込まれている。
往年のファンからすると思わずニヤリとしてしまう仕掛けだろう。

この巻ではエイブとアルバの姉のエフィーとの間に
ちょっとしたロマンスが生まれるのだが
そこでローズが思わず取ってしまった行動がいじらしくて可愛くてしょうがなかった。
かつてアルマンゾにあれだけモーション掛けられて気づかなかったローラは
相当奥手だったと思うのだが
それに比べてローズは、女はいくら小さくても女なんだなぁ、という気がした。
よく似た親子ではあるけれど、意外なところが違うもんなんだなぁと。

何にしても、エイブともエフィーともアルバともしこりを残さずに済んでよかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 外国作品・翻訳モノ
感想投稿日 : 2013年9月25日
読了日 : 2013年9月25日
本棚登録日 : 2013年9月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする