農場の少年―インガルス一家の物語〈5〉 (福音館文庫 物語)

  • 福音館書店 (2003年4月15日発売)
4.08
  • (39)
  • (18)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 242
感想 : 33
4

インガルス一家の物語としては番外編的な扱い。
後にローラの夫となるアルマンゾの少年時代の話。
ローラの物語はですます調で、アルマンゾの方はである調。
訳者の描き分けが技だなぁと感服した。
日本語訳にはこういう楽しみ方もあるんだなぁと。

時代としては『大草原の小さな家』の少し前かな。
裕福な家の子らしいけど、やっぱり自給自足感が高いのは時代なのだろうか。
保存食、衣服、農工具などを自分で作るところはインガルス家と似ているけど
ワイルダー家とのほんの少しの違いが明確に描かれていて判り易かった。

前半は日常が淡々と綴られていくのだが
後半、アルマンゾが財布を拾った辺りから話が急展開していく。
そのラッキー振りに吃驚。それが実話だってんで更に吃驚。

アルマンゾの周りの人たちに対する接し方はローラとちょっと似てるかな。
この話の中の3年くらいでの成長が著しく、
だんだん頼もしい男に育っていくアルマンゾがかっこよく見える。
そんなアルマンゾをときに厳しく、ときに暖かく教え諭すとうさんがまたかっこいい。

仔馬をしつけることを許された10歳のアルマンゾが
その後どういう青年に育ってローラの前に現れるのか。
ものすごく楽しみである。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 外国作品・翻訳モノ
感想投稿日 : 2013年9月10日
読了日 : 2013年9月8日
本棚登録日 : 2013年9月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする