トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか

3.55
  • (59)
  • (147)
  • (155)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1351
レビュー : 184
masa0206さん  未設定  読み終わった 

世のサービスは、上質か、手軽かの2つに区分され、どちらに振れるかでビジネスの成功と失敗のカギを握っている。事例とともにそれぞれが語られており、納得度が高い内容。

・消費者は絶えず上質か、手軽のどちらか一方を選びとっている。

・テクノロジーの進歩はこのどちらも押し上げていく。

・上質さも手軽さも秀逸ではないサービスは不毛地帯に追いやられる。

・上質さと手軽さ両面で卓越するのは不可能だ。

・上質の頂点→iPhone、
手軽の頂点→ウォルマート。

・上質さと手軽さをめぐるほかの条件が同じ場合、社会的価値を加味することでサービスへの期待があがる
(iTunesは自分一人で聞くから高いと思うが、着メロは人に聞かれるのでたかいとは思わない)

レビュー投稿日
2016年1月18日
読了日
2016年1月18日
本棚登録日
2016年1月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか』のレビューをもっとみる

ツイートする