「解(かい)」は己(おのれ)の中にあり 「ブラザー小池利和」の経営哲学60

著者 :
  • 講談社 (2012年3月23日発売)
3.14
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 56
感想 : 6
4

■マーケティング

1.あまり考え方の枠をつけないほうがいい。これだけ変化の激しい時代なので、何かのキッカケで違う業界にパッと入れるチャンスもある。そこで自分たちのやっている領域はここだからと、制限しないほうがいい。

2.情報機器に関して、ブラザーは「コストを抑えるためにはこの程度の機能で十分」と割り切って開発する。ターゲットとする小規模オフィスの顧客にとって不要な機能は追求しない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: マーケティング
感想投稿日 : 2012年6月27日
読了日 : 2012年6月24日
本棚登録日 : 2012年6月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする