20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

3.92
  • (963)
  • (1222)
  • (762)
  • (181)
  • (33)
本棚登録 : 11351
レビュー : 1167
制作 : Tina Seelig  高遠 裕子 
Masaさん マインド   読み終わった 

■マインド
①ニーズを掘り起こすのに必要なのは、世の中のギャップを見つけ、それを埋めることです。
②新しいサービスを考えるには、常識だと思われることを洗いざらい挙げていくこと。しかし一番難しい作業である。
③何かを決める際には、過去にどれだけコストをかけたかを考えに入れるべきではない。たいていの人はこの原則しっているが、引くに引けない諸侯群に落ちいる。
④生きることの達人は、仕事と遊び、労働と余暇、心と体、教育とごらく、愛と宗教の区別をつけない。何をやるにしろ、その道で卓越していることを目指す。仕事か遊びかは周りが決めてくれる。当人にとっては、常に仕事であり遊びででもあるのだ。

レビュー投稿日
2010年5月30日
読了日
2010年5月30日
本棚登録日
2010年5月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『20歳のときに知っておきたかったこと ス...』のレビューをもっとみる

『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする