21世紀の資本

3.62
  • (0)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 6
Masaさん    読み終わった 

【富の格差の根底にあるもの】
●A.米国では1970 年代半ばから、トップ10%の労働所得が急増した。それは、超高額の報酬を得る「スーパー経営者」の出現によるもの。フランスでも同様に、低い経済成長が続く中、トップ層の所得が激増。この現象を正しく理解するには、国際的な視野が必要。
●B.「資本収益率( r )」が長期的に「経済成長率( g )」を大きく上回ると( r > g )、富の分配で格差が増大するリスクは高まる。こうした条件下では、相続財産が生涯の労働で得た富より圧倒的に大きなものとなる。
●C. 新しいグローバル経済は、莫大な格差をもたらした。一部の個人は、今や一国並みの富を持つ。この格差スパイラルを避けるための理想的な手法は、資本への世界的な累進課税。

レビュー投稿日
2016年1月16日
読了日
2016年1月12日
本棚登録日
2016年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『21世紀の資本』のレビューをもっとみる

『21世紀の資本』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『21世紀の資本』にMasaさんがつけたタグ

ツイートする