マンガでわかる! トヨタの仕事哲学

3.41
  • (1)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
masatoさん ビジネス   読み終わった 

マンガで解説するトヨタの仕事哲学
トヨタ式カイゼンのマンガ解説シリーズの第一弾のようです。

本作では、まさに工場のカイゼンを通してトヨタの仕事哲学を解説しています。

作画とストーリは好みではありませんが、ポイント絞って、理解できるのがマンガのメリット。

トヨタ式とは「人」と「市場」を育てる幸福の仕組みとして若松さんがコメントしています。

トヨタ式を理解するための5カ条
(1)世界のオンリーワン企業を目指している
(2)流れと変化を大切にしている
(3)スタートとゴールを明確にしている
(4)脱常識の発想を大切にしている
(5)経営資源の合理的活用を目指し、地球環境との調和を目指している

トヨタ式に必要な7つの組織文化
(1)安全と品質と環境に十分配慮して、お客様に付加価値を提供する
(2)標準を作り、スタートラインを改善し何事にも挑戦し続ける
(3)物事や仕事に「5回のなぜ」を発し、心院をつかみながら誠実に問題解決に取り組む
(4)「現地現物」の発想、「視える化」の実践による仕事への取り組み
(5)人間ではなく「人間性」を尊重した人作り
(6)チームワークを大切にする
(7)謙虚に物事を学び、感謝する態度を忘れない

トヨタ式カイゼン10カ条
(1)カイゼンチームをつくり、カイゼン後の姿を数字と絵で描く
(2)ライバル会社のベンチマークを粉う
(3)会社の課題を洗い出す
(4)クレーム・品質不良の実情を数字で把握し、ゼロにする
(5)リードタイムを調べ、短くする
(6)職場の5Sを徹底的に行い、ムダなモノをゼロにする
(7)星取表をつくり、多能工に取り組む
(8)仕事の手順を文書化する。標準作業表を作り、カイゼンのスタート点を明確にする
(9)課題を一つ一つ解決するために知恵を引き出し、改善に着手する
(10)視える化に取り組む

ムダの判断基準
「付加価値を高めているかどうか」
「お客様の為になっているかどうか」

などなど
手っとり早くトヨタのカイゼンを確認する事ができます

Amazonでみると、このシリーズは3作あるようです。

レビュー投稿日
2018年3月11日
読了日
2018年3月11日
本棚登録日
2018年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マンガでわかる! トヨタの仕事哲学』のレビューをもっとみる

『マンガでわかる! トヨタの仕事哲学』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする