三島由紀夫、左手に映画

著者 :
  • 河出書房新社 (2012年11月8日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
4

‪三島由紀夫がこんなにも映画を愛していたとは。特に原作小説の映画化について書かれた第6章が最高。三島由紀夫自身のスタンスはもちろん、市川崑監督の『金閣寺』に対するアプローチとか面白いなぁ。もし現在公開中の吉田大八監督の『美しい星』を見たらどんな批評を書いてくれるのだろう?‬

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年6月7日
読了日 : 2017年6月7日
本棚登録日 : 2017年6月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする