反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

4.12
  • (35)
  • (16)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 361
レビュー : 23
制作 : 望月 衛  千葉 敏生 
masahiroakutsuさん 社会   読み終わった 

とても示唆に富む本なのだけど、色々考えてしまって進みませんでした。でも、もう少し通して理解しないといけない内容でした。自分もモデルを作っていたからわかるけど、モデルは基本的に線形結合。特に一昔前の多変量解析は線形推定検定論以外の何物でもない。ただ、こうした推論で行くと、どうしてもテールの事象、すなわち出現確率が小さくて、でも起こった時のエクスポージャーが大きなものは過小評価されてしまう。特に損失期待値などを出そうものなら、頻度の小ささでエクスポージャーの大きさを見失ってしまう。ただ、テール事象は思ったほど起こらないことではない。そして起こった時に関連性があって、連鎖的に起こる事象も無視できない。その時のエクスポージャーの大きさは推論の域を超えているかもしれない。それから、昔からあり淘汰されていないものが正しいという考え方。リスクを取っている奴が偉いという考え方。どれもこれまでの自分の思考と違うように思うけど妙に説得力がありました。この辺が消化しきれていないけど、とても気になった点。いずれまた整理します。

レビュー投稿日
2018年10月14日
読了日
2018年9月25日
本棚登録日
2018年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延び...』のレビューをもっとみる

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする