ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

3.59
  • (2847)
  • (3417)
  • (5684)
  • (844)
  • (289)
本棚登録 : 32505
レビュー : 2234
著者 :
masarivieraさん  未設定  読み終わった 

30年ぶりの再読です。
文章の美しさに驚かされます。
50になろうかとするオヤジが読めば、ウジウジと悩み、しかしヤリまくる主人公に辟易しそうなストーリーであるのだが、なぜかその苦しみを分かち合い、初々しさに嫉妬してしまう。
女性陣がなんとも魅力的でいい。
軽快で哲学的、生きていくための教訓をなんと多く含んでいることか。
感受性の鋭さゆえに苦しみ、必死で生きようとする若者たちには、覚めた目で見つつも感情移入してしまう。
こぼれ落ちる者が悲しいが、生き残ろうともがく者への救いにホッとする。
村上さんを青春期にもっと読んでおけばよかったな。
オヤジは永沢が一番好きだな。
「自分に同情するな」は、30年来心にとめている。

レビュー投稿日
2016年3月30日
読了日
2016年3月30日
本棚登録日
2016年3月30日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノルウェイの森 下 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ノルウェイの森 下 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする