羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)

4.22
  • (55)
  • (62)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 511
レビュー : 48
著者 :
制作 : 奈良 美智 
ますく555さん エッセイ   読み終わった 

なんていうか、毎日を過ごしていろいろと感じたり考えたりしていて、どうしてだろうだとか、どうしてだろう未満でさえある感情や考えのタネがこころに芽生えることってしょっちゅうだと思いますし、その人なりの死角になっていて見えていない部分ってあると思うんです。そんな要所要所をズバっとつくようなアフォリズムのような言葉が並んでいたりもして、「ああ、そうか」だとか、「なんで気づかなかったのかな」とか、ほぼ日か何かで以前読んでいて、再度触れている言葉だってことがわかるものもあるのですけども、それでも、再発見させられることが多かったですね。そして、読んでいるうちに整体で治してもらっているみたいに、こころの矯正をしてもらっているような感じもしました、笑える箇所を含めて。また、時折写真が出てくる糸井さんの愛犬ブイヨンがかわいらしいです。大好きなシリーズで、今回もまた「助けられてるなあ」と身にしみている次第。短いセンテンスの言葉が一ページを占有していて、その余白、空白部分が気持ちの余裕を誘い出しますね。反芻が苦にならないのは、その空白部分によるところがおおきいのかもしれない。老若男女にすすめられる本です。ほぼ日ファンだったなら、抱いて寝たいくらいの本でしょう。

レビュー投稿日
2015年4月10日
読了日
2015年4月10日
本棚登録日
2015年4月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)』のレビューをもっとみる

『羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『羊どろぼう。 (ほぼ日ブックス #)』にますく555さんがつけたタグ

ツイートする