とても、とても深かった。
言葉や表現は、たゆたゆとしているけど、語られている事は、
遺伝子レベルに刻まれてあるだろう、神聖なものでした。
1節ごとに、最初にやわらかな詩のようなもので、はじめられていました。
著者本人が、生きる、美しいもの、自然、暮らし、など、とうとうと正面切って体当たりで、手をかけ、感じ、考えぬいてきた事達が語られていました。
暮らしを紡ぐって、心を込めた仕事をするって、地球上に生きしつがれていくことって・・・・
ちくちく、畑、ごはんの暮らし。
まさに、それが込められていました。

おだやかな暮らしは、望んでいるだけではなくて、みずから修行しないと、感情に支配されやすく、心があらあらしくなるといいます。

2011年8月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2011年8月1日]
カテゴリ 太陽
ツイートする