小説家の作り方 (メディアワークス文庫)

3.62
  • (46)
  • (128)
  • (118)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 783
レビュー : 101
著者 :
ますたぁさん  未設定  読み終わった 

ラノベ作家に、この世で一番面白い本のアイデアがあるから小説の書き方を教えてくれというファンレターが届くお話
ここで言う「この世で一番面白い本」とは今出版されている中で一番というものではなく概念的なものらしい

物語の途中まではのほほんとしたいかにもラノベ的展開なんだけど、最後のあたりでぞっとする瞬間があった
シンギュラリティもそう遠くない気がする


この世で一番面白い小説を書くためには10万冊読んで1万冊書くといいらしい
1万冊書くのはもう無理として、5万冊読むのも無理かな

ちなみに僕が今まで読んだ本を記録に残している分だけで約1000冊
記録していない分は期間でいうと20代のころなので単純計算で1000冊
これからも年間100冊程度読んでいくとして定年までで合計4000冊
ってか、5000冊すら無理じゃね?
マンガを含めたとしても2万を超える程度で、5万にすら届かなくね?
そう考えると、世の中の物語の数って半端ねぇなぁって思う

レビュー投稿日
2019年9月10日
読了日
2019年8月30日
本棚登録日
2019年9月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説家の作り方 (メディアワークス文庫)』のレビューをもっとみる

『小説家の作り方 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする