世界は「e」でできている オイラーが見出した神出鬼没の超越数 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社 (2021年12月16日発売)
3.13
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 128
感想 : 10
5

以前読んだ『不思議な数eの物語』もそうだったが、"e"についての端的な説明はなく、こんなところにも出てくる、こんなことしても出てくる、という話がいろいろ。まぁ、そういうふうにしか説明できないのだろうが、いまひとつモヤモヤが… 『不思議な数eの物語』よりはだいぶわかりやすい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 数学
感想投稿日 : 2022年1月28日
読了日 : 2022年1月19日
本棚登録日 : 2022年1月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする