勉強の哲学 来たるべきバカのために

3.72
  • (46)
  • (93)
  • (46)
  • (16)
  • (9)
  • 本棚登録 :1167
  • レビュー :94
著者 : 千葉雅也
masueさん  未設定  読み終わった 

勉強とは何か、ということについて哲学的に書かれた本。途中何度か見失いそうになったけど、何とか最後まで読み終えた…。全く詳しい訳ではないけど、構造主義的な立場、なのかな。

印象に残った点は3つ。
・深く勉強するというのは、ノリが悪くなることである。
 勉強によって自由になるとは、キモい人になることである。
・ツッコミ=アイロニーとボケ=ユーモアが、環境から自由になり、外部へと向かうための本質的な思考スキルである。
・信頼に値する他者は、粘り強く比較を続けている人である。

最後に結論としてまとめがあったのでだいぶ助かった。
こういう本、考えることについて考えるみたいな、ある行動や概念について構造的に多角的に見た本はなかなか難しいけど、好きだ。

レビュー投稿日
2017年5月21日
読了日
2017年5月21日
本棚登録日
2017年4月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』のレビューをもっとみる

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする