夫のちんぽが入らない(扶桑社単行本版)

3.80
  • (159)
  • (235)
  • (165)
  • (41)
  • (11)
本棚登録 : 2257
レビュー : 313
著者 :
masueさん  未設定  読み終わった 

学校に通って卒業して就職して、結婚して子どもを持つ、いわゆる普通の暮らしが当たり前で、それができない人は「欠陥品」。そんな価値観が21世紀の現代もどこかにまだ残っているように思うことがある。石を投げられることはなくとも、道の真ん中を堂々と歩けないような、そんな感じ。だから結婚しないんじゃなくてできない、子どもを持たないんじゃなくてできない、そういう捉え方をされてしまって苦しんでいる人がたくさんいるのだと思う。

夫のちんぽが入らない、本当に衝撃的なタイトルで、タイトルを聞いてから手に取るまでにかなり時間がかかってしまった。でも、読んでよかった。人生は人それぞれ、価値観も、身体も心も、家族のあり方も、人それぞれ。目の前の人の考え方や生き方を否定することなく最大限尊重できる人でありたい。他人に対しても、自分に対しても。

レビュー投稿日
2017年5月5日
読了日
2017年5月5日
本棚登録日
2017年5月5日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夫のちんぽが入らない(扶桑社単行本版)』のレビューをもっとみる

『夫のちんぽが入らない(扶桑社単行本版)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする