罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

4.29
  • (147)
  • (76)
  • (47)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 963
レビュー : 105
Matsuboさん 外国の文学   読み終わった 

「『罪と罰』を読まない」をきっかけに今さらの初読。

いやぁ、登場人物がしゃべるしゃべる。説明ゼリフではあるのですが、しゃべりのリズムが心地よくてグングン読めました。他の訳を読んでいないので比較はできないのですが、このリズムの良さは亀山訳のおかげでしょうか。

読んでいるあいだ、演劇を見ているような感覚でした。いわゆる「静かな演劇」ではなく、演劇をあまり見ない人がイメージするようなザ・演劇。
マルメラードフのお葬式の場面などはドタバタコメディの様相。
台詞量もあるので、野田秀樹あたりに舞台化してほしいです。

登場人物のキャラもいいので、冒頭に人物イラスト紹介つけて、ラノベレーベルから出して中学生に読ませたい。文豪だから読めじゃなくて、中二だから読めって感じで。

レビュー投稿日
2016年3月6日
読了日
2016年3月6日
本棚登録日
2016年1月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューをもっとみる

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする