散り椿

3.96
  • (23)
  • (67)
  • (25)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 254
レビュー : 49
著者 :
matsukuboさん 時代小説   読み終わった 

花弁が一片ずつ散っていく散り椿。美しくも切ない時代小説。本作品に込められた思いは”大切な人を守る”。上役の不正を訴えたばかりに藩を追われる事になった実直な剣豪が主人公。苦労をかけた愛しき病弱な妻の最期の願い。それは故郷の散り椿を見に行って欲しいと。18年ぶりに訪れた故郷が待ち構えていたもの、それは権謀術数渦巻くお家騒動。更にそこには過去の忌々しい事件の真相が一片ずつ浮き彫りになっていく。それにしても葉室作品の特徴は派手な描写はなく淡々と物語を進め、時々の心理描写が絶妙。例えば和歌をさり気なく使いこなし物語に彩りを与える。教養の成せる技だな~。本作品加えてミステリー要素が幾重にも織り込まれ最後まで飽きさせません。それにしても後半の亡き妻の回顧録。目頭があつくなりました(^-^;)

レビュー投稿日
2013年3月20日
読了日
2013年3月13日
本棚登録日
2013年3月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『散り椿』のレビューをもっとみる

『散り椿』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする