【信州大学中央図書館】ラーニングアドバイザーのおすすめ本

文理問わず誰しもが「フェミニズム」「クィア理論」「ポストコロニアリズム」といった批評理論のテーマを耳にした経験がある、あるいは今後耳にする可能性があるだろう。本書は各研究領域の代表的な研究者の提唱する理論や研究史の変遷をコンパクトに扱った一冊である。コンパクトに収まっているがゆえに読みづらい部分や専門用語に戸惑う部分もあるかもしれないが、本書を読み進めると、上に挙げたような様々なテーマに関する誤った認識を正し、正しい知識を得ることができる。また、哲学・言語学・社会学・人文地理学・文学研究…といった人文学に通底する「批評理論」という考え方が存在することを学べるため、人文学に興味がある人にもおすすめの一冊である。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA76310370

2021年10月25日

カテゴリ 人文学

中世後期にイングランドに生まれたジェフリー・チョーサーの晩年の作品『カンタベリー物語』に収録された24編の物語に解釈を示した一冊。登場人物や語り手のキャラクタライゼーションやプロットを把握していることが前提に説明が進んでゆくので、作品を読んでから本書を読むことを勧めます。また、巻末の参考資料には中世英文学を学ぶ上で非常に参考になる論文や研究書が載っています。チョーサー研究に関連する和書の中でも、おそらく国内で本書が最も新しく信頼性が高い一冊であるため、チョーサー作品を卒業論文で扱う方が研究の足がかりとして選ぶのに適していると考えられます。また図書館のOPACから電子ブックで読めるようになっているので、中世英文学に興味を持った多くの方が気軽にアクセスできる一冊にもなっています。

◎電子ブックの閲覧はこちら(学内者のみ):
https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000077920

※学外からアクセスする場合は以下をご覧ください
https://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/find/r-access.html#MaruzeneB

2021年10月25日

カテゴリ 人文学

英文学者・外山滋比古先生の名著。レポートや論文を書く上でどのようにそれぞれの材料を練り上げていくか、といった思考プロセスを親しみやすい文体で学生に語り掛けるように解説した一冊。文章の書き方や書式といった形骸的なものではなく、書き手本人の頭の中で情報をどのように整理づけるかを学ぶことができます。「大学のレポートでは何をどう書けばよいのかわからない」といった漠然とした不安を抱いている一年生にぜひ読んでいただきたいです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN06481632

2021年10月25日

ほぼ全部の物理学演習問題を含めています。詳解力学演習、詳解電磁気演習などのシリーズもあります。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN01571534

2021年10月25日

カテゴリ 物理

簡単な微積演習問題と詳しい解答、自習にも使えます。一年生におすすめです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB29710188

2021年10月25日

カテゴリ 数学

これは線形代数や微分積分学などの問題集になります。大学院入試問題と書いていますが、個人的には様々な問題に取り組むことができ、回答も丁寧に書いてあるので大学院入試を考えていない人にもお勧めです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB18509585

2021年10月25日

カテゴリ 数学

微分積分学に関する参考書です。わからない定理や証明があった時にこの本で調べるとおおよそ載っているのでおすすめです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN00027545

2021年10月25日

カテゴリ 数学

数学の予備知識をあまり使わずに論理的思考のみで数について考えることを試みた一冊。小学校も含め数学や算数を教えることになる人、論理的思考の練習として数学を勉強したいが大学数学は敷居が高いという人にオススメ。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB1465862X

2021年10月25日

カテゴリ 数学

確率論も含め多くの数学書は厳密性を求めて難しい定義の書き方をしていまが、この本は定義を厳密に書きながらもその意味も丁寧に書いてあり、具体例もわかりやすく、確率論を程よくかみ砕いて書いてあります。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB08663614

2021年10月25日

カテゴリ 数学

線形代数の参考書というより読み物のイメージが近いです。微積と比べ線形代数は何をやっているのかイメージしにくい部分が多いと思いますが、そのよくわからない部分をわかりやすく書いています。行列の積や行列式をなぜあのように定義するのか分からない人、そもそも行列が何のためにあるのか分からない人、線形空間の定義が抽象的すぎて行列と何の関係があるのか分からない人向け。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB06179632

2021年10月25日

カテゴリ 数学

微分積分学の参考書です。他の参考書よりも多様な関数が登場し,微分積分学をより本質的に学ぶことが出来ます。単純に数学を勉強したい人・なぜ数学はこんなに厳密に証明をするのかと疑問に思う人にオススメです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB11103436

2021年10月25日

カテゴリ 数学

微分積分学の参考書です。物理などの多くの自然現象と絡めながら書かれているので微積分の考え方・やりたいことが触れることが出来ます。なぜ微積を学ぶのかよくわからない人や数学より理科が好きな人にオススメです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB06081480

2021年10月25日

カテゴリ 数学

多変数関数の微積分について丁寧に書いてあります。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA55854359

2021年10月25日

カテゴリ 数学

基礎無機化学に関する本です。各族の元素から紹介しており、高校の内容を復習しながら大学の知識を段階的に勉強することができると思います。また、2年次にある無機化学Ⅰで勉強する化学結合と、無機化学Ⅱで勉強する結晶や錯体の紹介もあります。結晶や錯体の立体構造に関する数学的知識に深く触れていないため、将来の授業の勉強に向けて準備することができる、かつ、あまり負担にならなく勉強することができると思います。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA64372166

2021年10月25日

カテゴリ 化学

基礎有機化学に関する本です。原子や分子の構造と、結合から紹介しているので、1年生でもわかりやすいと思います。1年で勉強する基礎有機化学や2年で勉強する有機化学Ⅰの反応を幅広く紹介しています。誘導体の有機反応に対する深い紹介は少ないですが、その分混乱しにくいと思います。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA64177852

2021年10月25日

カテゴリ 化学

「明解演習 微分積分」の線形代数版です。授業の復習や追加での学習をしたい人におすすめの本です。

行列に関する基本的なことは大体扱っていると思います。対角化とかジョルダン標準形とかたくさん問題を解けば慣れてくると思います。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN01045305

2021年9月29日

カテゴリ 数学

簡単なまとめと例題を中心に構成されています。例題は解説がとても丁寧で、基本的なものから応用的なものまで幅広く見ることができます。授業の復習や追加での学習をしたい人におすすめの本です。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN01632559

2021年9月29日

カテゴリ 数学

理論を重視していて厳密に微分積分について考えることができる教科書です。具体例の紹介もあるので読んでいて面白いです。微分積分の厳密な部分を知りたい人や、数学の専門書を将来読む予定のある人におすすめです。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA58753835

2021年9月29日

カテゴリ 数学

この本は、原子核も出る、周期表など基礎的な知識から、マクロの熱力学やミクロの量子論まで詳しく紹介しています。必要な数学知識も紹介しますので、数学の本を読むより便利です。理論を図示するのも多くて、理解しやすい本だと思います。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB23247717

2021年9月29日

カテゴリ 化学

無機の授業は、マクロの世界 からミクロの世界にわたって結構幅広いです。この本はそれに応じて、第11章から第16章は元素と、様々な元素からできた化合物及びそれらの応用例を紹介して、基礎無機化学の参考になります。第1,2章の周期表や原子軌道などの紹介は無機化学1の参考になるし、第3章の核化学の紹介は無機化学特論3の参考になります。勿論それらの授業はこれだけの内容ではありませんが、幅広い知識を簡単にまとめているのはこの本の特徴だと思います。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB08911170

2021年9月29日

カテゴリ 化学

今(2020年)、分析化学系列の授業のテキストは「基礎から学ぶ分析化学」を指定していますが、この本は2016年まで使っていた教科書です。本書では、簡単な結論だけではなく、背景、誘導過程も詳しく書いてあり、理解しやすい本だと思います。分析化学の実際応用も紹介しており、分析化学をさらに深く理解できるので、ぜひご参考にしてください。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA7171752X

2021年9月29日

カテゴリ 化学

高校化学と大学の橋渡し的な位置づけの本になります。有機化学の基礎的な内容を整理するには一読することをオススメします。

◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB04013118

2021年9月29日

カテゴリ 化学

高校で生物未履修の方に特にオススメします。細胞の成り立ちから、遺伝まで医学、生物学の基礎についてわかりやすく記述されています。図も多く、最新のトピックスもあり、読みやすいと思います。授業でわからないところがあれば参考にしてみてください。


◎信州大学附属図書館OPACのリンクはこちら:
https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB20761317

2021年9月29日

カテゴリ 生物
ツイートする