五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社 (2017年11月22日発売)
4.55
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 8
5

日本、中国、モンゴル、韓国、台湾、カザフスタンに住む、嘗て満州にあった建国大学(建大)に在籍した学生たちを訪ね、彼等の大学での体験とその後の多難の人生を取材したノンフィクション。90歳前後となった人々の語る波瀾の生涯は、時を遡り同時代に居合わせたかのような感覚に誘われる。「知ることは傷つくことだ。傷つくことは知ることだ。」「衝突を恐れるな」という言葉は、保身や心の平和の為に真実から目を背けるな、卑怯になるなと叱咤されているようで、強く胸に刺さる。建大出身者が戦後の苦難の歳月に「心の底から日本を呪い」ながらも、「その一方で彼等にもう一度会いたい」と思うほとに懐かしむ建大での同窓生との日々。「建国大学」は、日中戦争中の1938年に、石原莞爾、板垣征四郎らの構想をもとに首都新京に東條英機により創設された。満州国の国是「五族協和」の実践のために、日本、中国、朝鮮、モンゴル、ロシアから優秀な若者150名が約2万人の志願者から選抜され、6年制の全寮制(塾)では各民族が混成され寝食を共にするよう図られた。五族協和を実践するために、異なる生活習慣や歴史認識の違いだけでなく、互いの感情さえも理解できるよう、民族を問わず全ての学生に言論の自由を、つまり日本政府を公然と批判する自由を認めていた。
戦後、建大出身の学生たちは、その大学の特殊性を理由に自国で激しく迫害、弾圧された。日本人学生の多くは敗戦直後シベリアに送られ、帰国後も傀儡国家の最高学府出身者というレッテルにより、能力相応の職種に就くことができなかった。中国人やロシア人、モンゴル人の学生たちの多くは、「日本の帝国主義への協力者」とみなされ、逮捕され、拷間を受け、自己批判を強要された。それゆえに、多くの建大の卒業生たちはこれまで、自らの過去を記録として残すことを好まなかった。文字として刻まれた記憶が証拠となり、後に他国の為政者によって共に暮らした異民族の学生やその家族への弾圧の材料に使われることを極度に恐れたからである。「台湾の怪物」と呼ばれ台湾最大の総合製紙メーカー永豊餘造紙の創業者李清水が同窓生の楊増志について語った言葉が印象深い。「彼は凄い男なんだよ。楊の人生を見ていて、私はいつも感じるんだけれどね、彼は自分が正しいと信じたことについては絶対に、誰に何を言われようと最後までそれを曲げようとはしない。自らの意志に反して、行動を改めたり否定したりすることは絶対にしないんだよ」「楊にとってみればね、現在の共産党政権でさえたまたま今の中国に居座っている一時的な為政者にすぎないんだよ。一党独裁政権が未来永劫継続するなんてあり得ない。すべては歴史が証明している。清朝は300年続いた。満州国は13年で終わった。共産党政権は今60年ちょっと続いているにすぎない。中国の長い歴史から見ればね、今の中国の政治状態だって、ほんの一時代の揺らぎのようなものにすぎないんだよ。そんなものに惑わされて、自らの信念を翻させられてたまるか。それが彼の生き方なんだ。彼を知らない人にはちょっと理解するのが難しいかもしれないけれど」「楊は君に伝えたかったんだと思う」と李は私の目を見て言った。「自分がどんな時代を生き抜いてきたのか、ということをね。彼の気持ちがよくわかるんだ。何かを伝えたい、伝えなきゃならないっていう焦りのようなものを誰もがみんな持っている。我々はここまで苦労して、次の世代のために生きてきたのだと…」

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2021年10月22日
読了日 : 2021年10月22日
本棚登録日 : 2020年11月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする