ドラゴンフライ アースシーの五つの物語―ゲド戦記〈5〉 (岩波少年文庫)

4.06
  • (18)
  • (15)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 230
レビュー : 11
制作 : ディビッド・ワイヤット  Ursula K. Le Guin  清水 真砂子 
mattopernattoさん  未設定  読み終わった 

ゲド戦記、アースシーを舞台にした短編集だが、これは4と6と同時進行で読むか、4、5、6と順番に読むのがいいかもしれない。
作者がどうしてフェミニスト作家と呼ばれるのか、よくわかった。フェミニストといっても、エコロジカルフェミニストという範疇にはいるのではないだろうか。
女をどう描くかというのは常に挑戦のようなものではないかと思う。女の描き方は画一化されていたり、変に理想的だったり、添え物のようだったり、ヒロイン、登場人物として魅力的、オリジナリティがある人物像を描くのは難しいと思う。
しかし、ル・グウィンの描く女たちはどうだ。ファンタジーなのにリアル。等身大なのに奥底に何かとても価値があるものが秘められているような感じがする。どの女もそうだ。

「ドラゴンフライ」のアエリアンもそうだが、女は待ち、受け入れ、導き、そして自分だけで完結することもできれば、仲間とつながることもできる。根のように大地に広がり、揺るがない。支配ではなく連帯、男とでさえもそういうことができる。男は有史以来、女の支配しか頭になかったのに。
そういう不条理とそこからの脱出、解放を書いたのが、女の側から見たゲド戦記かなと思う。ゲドという英雄の物語ではあるものの、その英雄さえ魔法の力を失ってただのおじさんになり、力があると思われていた知の拠り所ローク学院が、実は女によって作られて女によって救われるっていうのが、象徴的である。現実の世界でままならないことをファンタジーの世界でやってのけ、かつそれが実現することを夢として描き出すというのは、まさに文学的だと思った。

レビュー投稿日
2018年2月23日
読了日
2018年2月23日
本棚登録日
2018年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラゴンフライ アースシーの五つの物語―...』のレビューをもっとみる

『ドラゴンフライ アースシーの五つの物語―ゲド戦記〈5〉 (岩波少年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする