人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
著者 :
maummさん historical novel:時代小説   読み終わった 

江戸川乱歩ベストセレクションに手を出した。一作目は有名な「人間椅子」一冊全部椅子の話だと思っていたら、短篇集でした。全て奇妙で気味が悪い退廃的な雰囲気の短編が並ぶ。しかし、「人間椅子」ってこんなラストだったかな。うっすらとしか覚えてないのですが。全体的に時代的な言い回しがあって読みにくいほどじゃあないけど、偶に「??」とはなる。ローンジって何だ?って思ってたけど、多分ラウンジ…?かな。 個人的には最後の「押し絵と旅する男」が好きです。

レビュー投稿日
2015年2月8日
読了日
2014年10月15日
本棚登録日
2015年2月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション...』のレビューをもっとみる

『人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする