妖怪と小説家 (富士見L文庫)

3.78
  • (9)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 101
レビュー : 11
著者 :
制作 : けーしん 
まやのみつるさん 小説   読み終わった 

TLで見かけて、読んで早々「これは『当たり』のやつ!」と確信しながら、
ようやく読み終えました!!
読み終えて良かったけど読み終えたくなかった!!!!
あーー久々に「これこれこういうのが読みたかったのよ!!!」に出会えました…

モチーフはタイトル通りの妖怪と小説家で、説明不足一歩手前の丁寧な突き放し方が最後まで続いて良い!!

こういう評価がアリかは分かりませんが、
芥川龍之介『戯作三昧』
梨木香歩『家守綺譚』
伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』
が、
どれも好きなら、
この作品も楽しめるはず…
(て書いたら一種のネタバレ??)

あー良かった!!!
続編もあってほしいような、
これで完結したままであってほしいような。

(余談ですがさっき屍者の帝国のAmazonレビュー読んだらけっこう賛否分かれるのですね。私は大好きです。)

レビュー投稿日
2017年2月13日
読了日
2017年2月20日
本棚登録日
2017年2月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖怪と小説家 (富士見L文庫)』のレビューをもっとみる

『妖怪と小説家 (富士見L文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする