ZEN呼吸: 「健康」は白隠さんから

  • 春秋社 (2023年1月7日発売)
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 2
4

呼吸は大事。
部下の息遣いを聴いていて、そう思う。
実に苦しそう。
頭に血が廻らなさそう。
呼吸の大切さは前から分かっていたつもりだが、
改めてWEB、本を探す。
呼吸で痩せる。部下は太っている。読ませよう。
ランナーでもあるので、呼吸は大事に決まっている。
私も探してみて、この本に行き会った。

誰が主語の本だか途中で混乱したが、

健康という言葉は白隠さんが作り出したということ。
内観の法、、体はおのずと整うもの。
内臓がどこにあるか把握する。
フランスの呼吸法と軟酥の法がそっくりであり、
これを行うことで健康でいることができること。
仙骨を立てることが大事であること。
呼吸とは吐くこと。
自然はしぜんではなくジネン。世界と自分が一体。
丹田は練るもの。もともとはない。自分で見出すもの。
それでいて、丹田がすべての源になること。

等々、深い。

私もマラソンを始めてから、自分の健康と向き合う機会がはっきり増えた。
そうでなければ42キロ走り続けられないからだ。
そして、自分の健康を守るのは、医者ではなく自分である、
医者は部分的にサポートしてもらうにすぎない、という考えに至っている。
それでも内臓の不調、脚の故障に悩まされるが、
その原因を知っているのは24時間体と一緒にいる自分以外ありえない。
医者に状況をどう伝えるか。医者は目の前の身体しか見えない。
もちろん優れた医者は、なぜこうなったか、を推測してくれるだろうが、
そんな素晴らしい医者にあたるとは限らない。
他人任せにせず、自分で自分の身体を知り、健康を維持するのが一番。

そのための一つの手段が呼吸。
仙骨、丹田、、、意識しよう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年4月5日
読了日 : 2024年5月16日
本棚登録日 : 2024年3月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする