ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

3.86
  • (1316)
  • (2795)
  • (1778)
  • (153)
  • (18)
本棚登録 : 15118
レビュー : 1799
著者 :
maki♪さん  未設定  読み終わった 

小学生の栞子さん。大学生の大輔君。栞子さんの母親。。。作者があとがきで述べてるようにいよいよ本編に入った感で主人公たちの人となりが語られていく。それが古書にまつわってっていうのがこの作品のすごさだな~。栞子さんと大輔君のこれからが楽しみだ。そしてもちろん語られる古書も興味深い。

レビュー投稿日
2019年3月7日
読了日
2014年5月16日
本棚登録日
2019年3月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

再読情報 [1回]

  • 2018年10月10日

    再読なのでまとめ的に。。。 「時計じかけのオレンジ」小菅妹、結衣(中一)の読書感想文(小四)-完全版 「サラリーマン」高坂晶穂(大輔元カノ)-宅買い-司馬遼太郎 「UTOPIA」藤沢市西富、須崎邸-藤子(足塚)不二雄-善意の第三者!?母智恵子 「クラクラ日記」母が栞子に残した本 ------------------------------------------ 小学生の栞子さん! 有名な作家さんの昔の名前にまつわる2冊。 栞子さんの母への思い。 大輔の過去の恋から学んだことを栞子さんには生かさなきゃね。

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする