黄いろのトマト

著者 :
  • 青空文庫 (2005年4月19日発売)
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5

宮沢賢治「黄いろのトマト」
これは博物局十六等のキュステ誌である。彼が幼いころの記憶だ。彼は町の博物館で四匹の蜂雀の剥製を見る。その剥製の内の一匹がいきなり彼に話しかけた。それはペムぺルとネリという二人の兄弟の話だった。蜂雀はゆっくりゆっくり話し始めた。ここで原稿一枚なくなっている。二人の兄弟は家で野菜などを植えて楽しく暮らしていた。ある時兄弟はトマトを十本植えていた。すると十本の内の九本は赤いトマトなのになぜか一本だけは黄色のトマトだったのである。そこで妹のネリはお兄ちゃんのぺムぺルに聞いたのである。「なぜこのトマトはこんなに光るの」と、するとペムペルはこう答えた。「黄金だよ。黄金だからあんなに光るんだ。」と。そう勘違いをしてしまった為にこの後悲しい思いをすることになる…。なぜ、蜂雀が言葉を詰まらせながらこの話をしたのかこの後の話を聞いて彼は思い知らされる。純粋でとてもかわいい二人の兄弟が何も知らない無知のせいで今まで味わったことのない悲しい思いをするこの物語は、まさに「教育」がいかに大事かを教えてくれるものである。この物語自体もある意味、教育なのである。無知というのは時に自分が恥ずかしい思い、又は辛い思いをしてしまう。この兄弟は大人になったらその記憶は薄れるだろうが、その時は大人達をとても怖い者だと思っただろう。幼い彼にとっても蜂雀から聞いた話は忘れられないものになっただろう。今の時代の日本であれば二人の兄弟の過ちを咎めることをせず優しく教えてくれただろう。しかしその時の時代の大人は切羽詰まった生活をしていたこともあり、常識はずれなことをしている人を見てつい怒ってしまったのだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年10月9日
読了日 : 2019年10月9日
本棚登録日 : 2019年10月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする