ZOO

3.68
  • (933)
  • (954)
  • (1941)
  • (95)
  • (22)
本棚登録 : 6937
レビュー : 947
著者 :
megchonさん 物語   読み終わった 

最近乙一さんの本ばかり読んでいる。
登場人物がどこかしら闇を抱えていて、通常では存在しえないような人格であるところに惹かれている気がする。
自分自身が今自信を失っている状況だから、異常な人が物語の中に存在することを認識して、「自分は大丈夫」と自信をつけたいのかもしれない。
生々しい描写は苦手だが、それを差し置いてでも読みたいという気持ちがある。それは、乙一さんの先を読ませない巧みなストーリー展開に引き込まれるのと、個性のある登場人物の存在に気が休まるからだと思う。

カザリとヨーコ(そっくりだが待遇が違う双子の話)
SO-far そ・ふぁー(パラレルワールドかと思いきや)
Closet(推理物 誰がどう切り出すのか、真実は)
SEVEN ROOMS(残酷だが爽快感があった)
の4作品が記憶に残った。

レビュー投稿日
2017年10月28日
読了日
2017年10月28日
本棚登録日
2017年10月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ZOO』のレビューをもっとみる

『ZOO』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする