Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男

4.21
  • (17)
  • (19)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 22
著者 :
meglinqさん  未設定  読み終わった 

これもテレビをみて興味を持ったので読んでみた。昔は大抵の人が飛行機を怖がっていたように思う。私の記憶によればリトル巨人くんという漫画の中の中畑選手は飛行機に乗るとなればお経を唱え怖がるなんて描写があったくらいだ。つまり飛行機事故の報道も多く覚悟して乗るものでもあったよう。(もちろん今のように身近な交通手段としては高すぎて何回も乗れないものでもあった)その原因の1つであるダウンバーストというものを発見したのがこの藤田である。番組では短くまとめられた藤田哲也がたくさんの証言やら自身のインタビューやら事実から浮かび上がってくる。その業績から研究熱心さから天才的と言われた閃きから…もちろんそれだけの独自性や天才性がある分個性的でもあり彼なりの欠点が人間として科学者としての賛否両論を巻き起こしたという面もきちんと記載されていた。彼は正規の専門教育(大学過程の)を踏まなかった事もあるが日本人と西洋人の考え方というか文化的違いも大いにあったであろう。西洋(というかその時代の科学はじめ学問は西洋中心だったのもあるが)では理論がものをいうが、藤田は観察という経験からくる(その経験も膨大なものではあるが)直感、閃きでの発表であったから。このエピソードをみたときは故任天堂社長の岩田氏がコードを印刷してその並びから不具合を発見するのを思い出した。それは置いといて。あ、もう一つ、藤田は発見ではなく認識だと言っていた。つまりボロブドゥールを発見したのではなくボロブドゥールは常にそこにあったので認識したというのが事実みたいなことか。
それでも、彼の最も大きな業績の1つのダウンバーストを追うところは調査依頼から始まりその発見実証までとてもスリリングだった。息つく間もないくらいと言えるほど。
ドキュメンタリーの方も短くまとめてあるけれどとてもいい。藤田を実際に知っていて付き合っていた人が彼を思い出す表情に涙が出る。ある者は確かに感情を損ねていたがある者は彼の欠点をも含めて懐かしみ愛(といっても友情)していたことがわかる。
類稀な人生を送り類稀な才能を発揮した彼の言葉はそれでも誰の人生にも勇気を与える言葉だと思う。「『恥ずかしがらずに言いたいことを言いなさい』そのうちの半分は間違っているかもしれない。しかし、残りの半分は正しいかもしれない。もし、あなたの主張の50%が正しければ、価値のある人生を送ったということです。幸運を祈ります。」

レビュー投稿日
2018年3月1日
読了日
2018年2月28日
本棚登録日
2018年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救...』のレビューをもっとみる

『Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする