合併人事―二十九歳の憂鬱 (幻冬舎文庫)

2.86
  • (3)
  • (12)
  • (49)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 205
レビュー : 29
著者 :
めぐざべーとさん  未設定  読み終わった 

最初のほう、主人公の女性の言動に対し、この人が実際におったら絶対気が合わへんわ―と思ってしまい、若干の嫌悪感さえ覚えたのですが、会社における女性の立場、男性の闘争意識に対するあきれなど、(私はまぁまだ学生なのだけれども)現実的で共感できました。

ただ、部長に機密情報を流したのは、この主人公なのでは?
主人公は言った覚えがないと言っているけれども。
そこをばらしたことに関しては、この主人公は悪いのでは?
男性同士の地位争いに対して呆れてるけど、
だからって投げやりすぎるよね。

でも、課長が失踪したあたりから、(展開が多少は予測できたけれども)ハラハラしながら読みました。

レビュー投稿日
2012年3月1日
読了日
2012年3月1日
本棚登録日
2012年2月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『合併人事―二十九歳の憂鬱 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『合併人事―二十九歳の憂鬱 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『合併人事―二十九歳の憂鬱 (幻冬舎文庫)』にめぐざべーとさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする