後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリンセス・コミックス)

3.60
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 10
著者 :
megumi33さん  未設定  読み終わった 

良い感じに話が進んでで、わくわくします。
前巻で皇帝流星が実は病弱な皇帝の替え玉だったと判ったばかりですが、これは本当でしょうか。
本当の皇帝は恐らく流星の方だと思います。
暗殺か何かの危険を避けるために、わざと本物を替え玉ということしていると思われます。
しかし、翡翠は可哀想に流星が幼い頃に生き別れになった実の兄だと勘違い? してしまいます。
兄には背中にアザがあるはずなのに、流星にはないというところがポイントですね。
ただ、これはあくまでも私の今のところの推測なので、大ハズレの可能性もありです。
翡翠の恋はどうなるでしょうか、予想が当たるのか当たらないのか、それも含めて楽しみです。

レビュー投稿日
2016年5月22日
読了日
2016年5月22日
本棚登録日
2016年5月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリン...』のレビューをもっとみる

ツイートする