マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

3.73
  • (42)
  • (69)
  • (54)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 734
レビュー : 77
著者 :
制作 : 大舞 キリコ  星井 博文 
Megさん  未設定  読み終わった 

ロジカルシンキングを誰でも身につけられる方法が記されたマンガベースのビジネス本。
そもそもこの本がなんで家にあったか覚えてなかった。酔ったとき人に薦めてもらったとあとで思い出したのだが、まず私は「なぜ記憶があいまいになるほど酒を飲みすぎてしまうのか」をA4の紙にひたすら書き出してみた方が良いようである。


・ とりあえずロジカルシンキング=なるほど!わかった!と人に納得してもらうためのもの。というのは常に言い聞かせたい。
情報を集めて、考えて、伝えるというサイクルの1つ。

・ 「時間をかければ考えが深まるわけではない。」
これ、まさにその通りだと思う。まずメモ書きでも外に出してみてスタートするのがよい。私はこれがスーパー苦手である。くだらないことをどんどんSNSに書くのは得意なんだけれども。
自分が陥りがちな、これじゃ陳腐すぎる(と人が思うだろう)と考えてすぐ出せないとか、とりあえずいい形におさめてみよう、みたいな小手先のテクニック(無駄)をなくすためにも、どんどん書き出すというシンプルな練習はいいかもと思った。

・ 漫画形式とキーメッセージの組み合わせで軽く読めるんだけど、漫画がどうしても日ペンの美子ちゃん的なふわふわサクセスストーリーでいまいちである。あ、でも昔日ペンの美子ちゃん読んでた世代なのか。だからこーゆービジネス本が流行ってるのかしら。

・ 結局はゼロ秒思考で考えをどんどん出して、そこから考えぬくことが一番大事、というのがメッセージ。これくらいでいいや、はマッキンゼーの世界には無いのである。たぶん。
この考え抜くをどこまでやりきれるか、がポイントであり、だから好きなことについて考えるか、そもそも考えることが好きだと強いってことなんだよなあ。「想いがない」問題がここにも。ずーん。

レビュー投稿日
2019年5月14日
読了日
2019年5月14日
本棚登録日
2019年5月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカル...』のレビューをもっとみる

『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする