青の炎 (角川文庫)

3.84
  • (1373)
  • (1555)
  • (1784)
  • (152)
  • (24)
本棚登録 : 10353
レビュー : 1377
著者 :
制作 : 角川書店装丁室 
meguyamaさん  未設定  読み終わった 

こんなに知力、体力、応用力、計画性、しかも思いやりまで兼ね備えた17歳が今の時代に果たしているのか。私は知らない。見たこともない。そう思いながら読み進めたけれども、人を殺すにいたる心情、殺してからの心境がすごく丁寧に描かれていて、いつのまにかすっかり引き込まれてしまった。これ読んだら人殺そうと思ってた人も思いとどまるんじゃないか、それだけの重みと切実さがあった。『山月記』や『こころ』と重ねて描くのも効果的。だって、主人公はそういう名作を国語の教科書とかで知るんだよ?もっといえば人殺しのトリックだって物理の授業の応用なの。ああやっぱりこの子は高校生の子どもなんだな、それなのにこんな重いものを背負わされて、そう思うと、泣けてしまうじゃないか。ここ数年、YAとかミステリとかをちょこちょこつまみ読みしてきたけれども、そういうのに求められるすべてが端正にそろってる圧巻の1冊なのではないでしょうか。

レビュー投稿日
2014年8月29日
読了日
2014年8月29日
本棚登録日
2014年8月29日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『青の炎 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『青の炎 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする