新世界より (上)

4.00
  • (665)
  • (621)
  • (449)
  • (59)
  • (35)
本棚登録 : 3803
レビュー : 599
著者 :
mehveさん ファンタジー   読み終わった 

1000年後の日本。
人が呪力(魔法)を獲得したことによって起こる悲劇。
倫理というジレンマに立ち向かう冒険小説。

おとぎ話のように魔法という力は、ただ空を飛んだり、
物を思いどおりに動かしたりするのではなく、
その力が強い程どうしようもなくなり、倫理観も崩壊する。

科学による崩壊と、呪力による崩壊、
文明が衰退してから1000年後という点では風の谷のナウシカと共通するところがある。
ナウシカでは旧世代が生態系を元に戻すため、腐海を造ったが、
人類を維持するため、新世界でも負けじとエグい方法が執られていて、
物語の主人公たちはそれを知らず(隠され)生きている。

単行本では900ページ以上の長編になりますが、
悪鬼が登場する後半以降のスリリングな展開は引き込まれます。

[2008年、日本、498P、日本SF大賞]

レビュー投稿日
2012年10月23日
読了日
-
本棚登録日
2012年10月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新世界より (上)』のレビューをもっとみる

『新世界より (上)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新世界より (上)』にmehveさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする