退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)

3.42
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 5
著者 :
MMCさん 倉庫(OBOG)   読み終わった 

電話ボックスで男が撃たれた。
しかし、四面のガラスには傷はなく――。
銃弾はどこからきて、どこへ行ったのか?
『大魔術の死体』

往来の真ん中で突然着物を捲りあげた女の真意とは?
『人形の死体』

額に切手の貼られた死体。
ダイイングメッセージなのだろうか。
果たしてその意味は?
『料金不足の死体』

等、魅力的な謎が次々と提示されるシリーズ3冊目。
安楽椅子探偵のという形式は解決のスピード感が違う。
話を“聞いただけで”解決してしまうのが安楽椅子探偵だが、そのことによってもう一つ特徴となるのが解決へのスピードだ。
勿体ぶってだらだらと引き延ばすことなく、「問題」から「解決」への流れが素晴らしく手早い。
何せ“聞いただけ”で解決しなければならないのだから。
本書は『大魔術の死体』の一作だけ、確認のために部屋から出てしまう。
解説ではここに都筑氏の目論見があったと予想しているが、今となっては分からない。
故に厳密な意味での安楽椅子探偵ではなかったが、その解決のスピード感は同様に残されていた。

殆どが会話の文だけで構成される本シリーズは非常に読みやすい。
30年も昔の作品だと「古いもの」と思いがちだが、そこに通じる価値観などは今とさほど変わらない。

レビュー投稿日
2011年5月13日
読了日
2011年5月13日
本棚登録日
2011年5月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)』にMMCさんがつけたタグ

ツイートする