告白の言葉のない国 (ビーボーイコミックス)

3.41
  • (30)
  • (30)
  • (93)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 284
レビュー : 30
著者 :
ユキノさん  未設定  未設定

ボーイズラブです。

門地さんはえろえろなのもそうじゃないのも好きなのですが、
私はこの作品が一番好きです。えろの描写はほとんどないですが。(した事実がわかればいいという程度の描写です)

クマルは奴隷商の家の子で、シンはその家でやとわれていた奴隷の子供。(奴隷の子は奴隷)

クマルはシンが大切で、守りたくって力を持ちたくって奴隷商の家業を継ぎます。
それなのに、いつしかその家業を守るためにシンを差し出します。

そしてシンはクマルを守るために黙って差し出されます。

クマルはシンを取り戻そうと思うけれど、
シンはもう、戻りません。



シンはクマルのこと大切にしてるけれど
私はクマルが嫌いだなぁ。

結局のところシンを奴隷としか見ていない。
シンを守りたくて奴隷商の家業を継いだのにね。

シンはソロウさんの傍にいたほうが幸せになれると思う。

レビュー投稿日
2009年2月2日
本棚登録日
2009年2月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『告白の言葉のない国 (ビーボーイコミック...』のレビューをもっとみる

『告白の言葉のない国 (ビーボーイコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする