僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)

4.24
  • (77)
  • (70)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 881
レビュー : 39
著者 :
ヒギリさん フィクション/日本   読み終わった 

ヒーローをめざす学校を舞台にした少年漫画。
体育祭まで。

今の少年漫画すごいな。
女の子が、それもそんなに強くないし戦闘的な性格でもない女の子が、本気で闘ってる。
それも「女の子なんだから加減してやれよ」っていう"優しい"声が飛ぶ世界の中で。
手加減する人ではなく対等にみる人が良い側として描かれてる。

一世代上の漫画、たとえばワンピースやブリーチだと女子が闘う場面はかなり限られる。
例外的に強い女子キャラが特例として闘うか、ゲスい男かエロい女か三下だけが相手か、男子キャラにいいところをもっていかれたりする。
そんで主人公サイドの男子は相手が強かろうが弱かろうが「女とは戦えない」ってスタンスをたたえられてたりする。

鋼の錬金術師は女子も戦闘能力に応じたやり方でそれぞれ本気で闘ってるけどあれは描いてる人女性だな。
男性が描いてて男性化せず脱ぎもしない女子キャラが本気で対等に闘ってるのって銀魂くらいしか思いつかない。
あ、進撃の巨人もか。
まあ私がそこまでたくさん読んでないから知らないのもあるだろうし、ワンピもブリーチも、女の子に人格があって女の子同士の関係性もあるって点で画期的だと思ったけど。

別に自分より腕力のない女の子をタコ殴りにするDV主人公をみたいわけじゃない。
けど、従来の少年漫画は自分の運命がかかっている場面ですら女子が勝負の場につくことを許されなくて違和感があった。
能力合戦みたいな体力腕力関係ないところですらそうなのは価値観の問題だし。
フィクションの中では女子がまっこう勝負できる時代になってるんだなって感動した。


まあそういうのは後からおもったことで、普通に面白かったから読んだ。
人気があるのわかる。

でも「ナード」とかアメリカンな価値観をそのまま持ち込まなくてもいいのにとは思う。

レビュー投稿日
2018年12月24日
読了日
2018年11月28日
本棚登録日
2018年11月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコ...』のレビューをもっとみる

『僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)』にヒギリさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする