嘲笑う闇夜 (文春文庫)

3.15
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 9
ユカリさん ミステリー   読み終わった 

田舎の街の中で、女性が次々と切り殺されるという事件が起こる。
切り裂き魔が誰なのか、切り裂き魔自身もわかっていないという。


登場人物のそれぞれの視点が描かれていて、いろんな場面でどういう思いでいるのかがわかる。
街の“誰もが切り裂き魔”の可能性があるというスリルと恐怖が面白く、どんどん読み進めてしまった。
犯人が誰かわかった瞬間、鳥肌がたった。

レビュー投稿日
2013年7月18日
読了日
2013年7月18日
本棚登録日
2013年7月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嘲笑う闇夜 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『嘲笑う闇夜 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする