テンカウント(6) (ディアプラス・コミックス)

4.04
  • (46)
  • (53)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 828
レビュー : 19
著者 :
memeraさん  未設定  読み終わった 

幼少期のトラウマをお互いに打ち明けずに補い合える美しさ、震えが止まりません。人格形成にも説得力のある回想で、2人とも辛かったろうなと、より一層愛着がわきつつエロくて興奮して涙が出る。最終巻の番外編も愛おしいです…心から祝福したいです。
「黒い光の少年」青年は 光でもあり 闇でもあった (推測)
「真夜中の楽宴」私と一緒に暗闇に出かけよう
西垣作品も読みたいです…。黒瀬くんに夢中だなこりゃ。

レビュー投稿日
2018年9月4日
読了日
2018年9月4日
本棚登録日
2018年9月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『テンカウント(6) (ディアプラス・コミ...』のレビューをもっとみる

『テンカウント(6) (ディアプラス・コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする