悪の教典

3.72
  • (176)
  • (303)
  • (231)
  • (55)
  • (17)
本棚登録 : 1707
レビュー : 356
著者 :
memetaa02さん 読んだ   読み終わった 

あまり類を見ない設定と少しずつ明かされてくる主人公の過去に引きずられて、中盤までは夢中で読みました。

でも見せ場?のバトロワでちょっとガックシ。悲惨なシーンになることは前提知識として持ってたけど、あまりにも死が記号でしかない気がしました。バトロワに及ぶまでの展開が急すぎることもあって、主人公のサイコパスである故の恐怖云々よりも、あの惨殺のえぐさにばっかり目がいってしまう。
やり方がその場凌ぎなせいでそれまで圧倒的に見えた主人公が小物に見えたことにも、前半とのギャップを感じました。

設定とストーリーが噛み合ってるようで噛み合ってないような。殺人狂にしなくても設定は生かせたように思います。
ちょっと残念。

レビュー投稿日
2012年11月24日
読了日
2012年11月24日
本棚登録日
2012年11月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪の教典』のレビューをもっとみる

『悪の教典』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする