文章心得帖 (ちくま学芸文庫)

3.96
  • (6)
  • (12)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 14
著者 :
Daichiさん 教養   読み終わった 

タイトルにある通り、どのような文章が理想的なのかということを、著者視点から分析した一冊。著者は冒頭で、理想的な文章の条件として「誠実さ」「明晰さ」「わかりやすさ」の3つを挙げる。列挙されると当然のことのように思えるが、改めて振り返ると、この世には「イカが墨を吐いて自分の所在をくらます(p.38)」ような文章がいかに多いかということに気づかされる。自身の主張や考えが明確でないことを隠すために、学術用語などを多用し、あえて曖昧な論理構造を描き出す、あれである。
また、著者は所々で「紋切り型」という言葉を使う。これは簡単に言うと、決まり切った型としての文章ということであり、著者はこれを多用することに苦言を呈す。その根底にあるのは、自身の言葉ではなく、都合の良い言葉の切り貼りをしている文章が散見されるという危機意識があるのだろうと思う。
しかし、その一方で著者は「文章には、絶対的な法則などありません(p.51)」とも述べる。文章の良し悪しは書き手のパーソナリティや文脈、文章のリズムなどによって決定づけられるため、一概に言うことはできないのであろう。個人の感覚として、本書の根底には「自らの言葉を紡ぎ出す、それに忠実であれ」というメッセージがあるのではないかと思う。紋切り型に流れない、混沌の中から文章を選ぶ、不必要な修飾語は省くなど。極めてシンプルであるが、同時にじわじわと効いてくる一冊になるように感じた。

レビュー投稿日
2019年10月12日
読了日
2019年10月12日
本棚登録日
2019年10月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文章心得帖 (ちくま学芸文庫)』のレビューをもっとみる

『文章心得帖 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする