覇剣の皇姫アルティーナIV (ファミ通文庫)

  • エンターブレイン (2013年10月30日発売)
3.90
  • (8)
  • (12)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 10
4

評価:☆4

覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第4弾!(大嘘)

上の紹介文とは違って今巻の主役はバスティアンとエリーゼ。
オズワルドとマーガレットの策略から、次期王女候補のエリーゼを守るバスティアンという構図ですね。
いつの時代も女の子を守る男の子というのはいいものだ。

それにしてもバスティアンの身体能力がファンタジーの領域なのが読んでて気になったw
宝剣振り回すアルティーナといい、皇族の身体スペックおかしいと思うのw

人種の違いから、傍にいれないことに気づき、手紙も残さずに去るバスティアンが切なかった・・・。
匿ってくれた要塞のブルーノカルノ司令にも裏切られ、橋の上でオズワルドと決闘して勝利、その後川に飛び込んだわけですが・・・これ決闘する必要あった?w
今しかねぇ!とか言ってたけど・・・橋の中央まで行ってから飛びたかったのかね?そうだとしても闘う必要はあったのかという疑問。
隙をついたってことなのかね。

まぁこまけぇことはいいんだよ!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年5月18日
読了日 : 2014年5月18日
本棚登録日 : 2014年5月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする