夜明け前 第二部(下) (岩波文庫)

3.30
  • (5)
  • (4)
  • (18)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 106
レビュー : 12
著者 :
メリさん 日本・大体戦前まで   読み終わった 

そうなるのか。
結局うーん、純粋なんだろうね半蔵さん。ただ残念ながら私にそんな純粋さがないからか理解も共感もできないけど。その純粋さを免罪符に中途半端な事ばっかりして家族に迷惑かけ通して最後には家族を恋しがると。都合よすぎじゃないか。
事実に基づいてるから仕方ないんだろうけど、やっぱり物語としてはやることなすことものすごく中途半端。フラストレーションが溜まる。

明治天皇は諸国御巡幸してたのかー。だから日野宿本陣にも泊まってたんだなるほどな。やっぱり山鉄さんが走り回ってるし。
うん、歴史資料として読む分には面白かった。小説だからどこまで正確なのかは知らないけどね。

レビュー投稿日
2010年12月10日
読了日
2010年12月10日
本棚登録日
2010年12月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜明け前 第二部(下) (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『夜明け前 第二部(下) (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする