沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)

3.83
  • (37)
  • (79)
  • (47)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 606
レビュー : 60
著者 :
制作 : 森 美夏 
メリさん 現代・日本   読み終わった 

空海かー、良いですね、色々なところでチラッと触れられてるの読む限り中々ファンキーなお人らしいですね。坊さん表現する言葉じゃないけど。
白居易さん!空海と絡むって面白そう!良いね良いね詩はモチーフにされるかな!
李白のおっちゃんも!玄宗と楊貴妃も!スター揃いで面白そう。
え、橘逸勢…聞いたことは…あ、三筆でしたかそうでしたね(印象薄い)

そんな期待に溢れて読み始め。えーと長靴を履いた猫?って感じで第一巻。
あとこの登場人物は痴呆か?って思ってしまう瞬間があったり…いやいや仕様なんだよね!

レビュー投稿日
2011年12月19日
読了日
2011年12月4日
本棚登録日
2011年12月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角...』のレビューをもっとみる

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする