フランス革命 (岩波現代文庫 学術 189)

著者 :
  • 岩波書店 (2007年12月14日発売)
3.92
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 4

目 次

Ⅰ フランス革命の解釈をめぐって
 1 アプローチの仕方
 2 日本におけるフランス革命観
 3 フランスの主流的解釈
 4「修正主義」

Ⅱ 原因
 1「ブルジョワ」
 2「革命的ブルジョワジー」? 
 3 革命の発生

Ⅲ 革命のプロセス(1)
 1 フランス革命の輪郭
 2 革命の勢力配置(1789年)
 3 革命の深化(89年10月~92年8月)

Ⅳ 革命のプロセス(2)
 1 ジロンド派と山岳派の抗争(92年8月~93年6月=第三局面A)
 2 山岳派独裁の形成(93年6月~93年末=第三局面B)

Ⅴ 革命のプロセス(3)
 1 山岳派独裁の崩壊(94年初~94年7月=第三局面C)
 2 安定化の失敗(94年7月~97年9月=第四局面A)
 3 軍部独裁への道(97年9月~99年11月=第四局面B)

Ⅵ 民衆運動
 1 革命の底辺
 2 フランス革命の意義
 3 比較史の視点

あとがき

補論 フランス革命と明治変革―比較史の枠組

現代文庫版のためのあとがき



 

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: フランス革命からヨーロッパ革命
感想投稿日 : 2010年7月2日
本棚登録日 : 2010年6月29日

みんなの感想をみる

ツイートする